津島市

海外渡航のための新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(ワクチンパスポート)

更新日:2021年9月28日

海外渡航の予定のない方への発行は行いません

新型コロナウイルス感染症予防接種証明書とは、新型コロナワクチンウイルスの接種記録と接種者に関する事項を記載したものです。
当面は、海外渡航の際に必要な方に対して発行することとされています。
具体的に利用可能となる対象国・地域及びその緩和措置については、外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。外務省ホームページ(外部サイト)をご確認ください。
また、接種証明書は、接種を実施した自治体での発行となります。1回目と2回目を異なる自治体で接種された方は、それぞれの自治体に申請が必要となります。

手数料

無料

申請に必要なもの

必ず必要なもの

  • 申請書(兼委任状)
  • 旅券(パスポート)の写し(氏名等の表記のある箇所)
  • 申請者の住所が記載された本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証など)

紛失した場合を除き、必要なもの

  • 接種券(接種券番号が分かるもの)の写し
  • 接種済証の写しまたは接種記録書の写し

場合によって、必要なもの

  • 代理人による申請の場合は、委任状及び代理人の本人確認書類
  • 旅券(パスポート)に旧姓・別姓・別名(英字)の記載がある場合は、その事実が確認できる本人確認書類

申請方法

窓口での申請

「申請に必要なもの」をそれぞれお持ちください。
申請書は窓口にも用意してあります。
本人、代理人にかかわらず、窓口に来られた方の本人確認をさせていただきます。

また、接種直後は接種実績が確認できず、即日発行できない場合がありますので、お急ぎでない場合は、接種から概ね1週間ほど期間を空けてから、申請してください。
なお、即日発行ができず、後日郵送をご希望される方は、返信用封筒(宛名を記入し、切手を貼ったもの。)をご用意ください。

郵送での申請

「申請に必要なもの」に加え、返信用封筒(宛名を記入し、切手を貼ったもの。)を同封の上、申請してください。
なお、返送先が本人住所地と異なる場合は、返送先が確認できる書類を同封してください。
例:【返送先】申請者の勤務先【同封物】名刺など

申請先

〒496-8790
津島市上之町1丁目60番地 津島市総合保健福祉センター内
新型コロナワクチンコールセンター行

申請様式

再発行について

「申請に必要なもの」を再度ご提出ください。
ただし、旅券(パスポート)の有効期限が満了しているなど、再発行できない場合があります。

接種証明書の意義など制度全般に関する問い合わせ先

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター
電話:0120-761-770
対応言語:日本語、英語、中国語、韓国語、ポルトガル語、スペイン語、タイ語、ベトナム語
受付時間(土曜日、日曜日、祝日も実施)
日本語、英語、中国語、韓国語、ポルトガル語、スペイン語:午前9時から午後9時
タイ語:午前9時から午後6時
ベトナム語:午前10時から午後7時

お問い合わせ

健康福祉部 健康推進課 新型コロナワクチンコールセンター
電話番号:0567-22-2115(平日8:30から17:15まで)(〒496-0863 愛知県津島市上之町1丁目60番地)