このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
つたえたい四季おりおりのまち 津島市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 福祉・医療
  • 市の紹介・観光
  • 市政・ビジネス
サイトメニューここまで

本文ここから

市長からのメッセージ令和2年9月号

最終更新日:2020年9月1日

sityousyasinn

市民の皆様におかれましては、新型コロナウイルス禍の中、連日のこの暑さによる熱中症にも十分対策をされ、お元気でお過ごしのことと思います。
まだまだ暑い夏が続いていますが、同時に台風シーズンを迎えます。近年、毎年のように発生する水災害等に対しまして、本日9月1日は「防災の日」、また8月30日から9月5日までは「外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。防災週間(外部サイト)」であり、改めて台風・高潮・津波・地震等の災害について認識を深めていただき、災害に対処する心構えを準備していただくようお願いいたします。

さて、8月24日(月曜)から始まりました第3回津島市議会定例会におきまして、津島市新型コロナウイルス感染症対策事業「第3弾」の4事業を提出いたしました。内容といたしましては、


1)市民病院従事者慰労金交付事業  1億8,999万9,000円
  新型コロナウイルス感染症の感染防止対策をとりながら、最前線で医療を提供している従事者に慰労金を支給する。

2)市民病院支援事業   7,000万円
  市民病院の感染症対策を支援し、医療提供体制の充実を図るため、病院会計へ補助金を支出する。


3)資機材分散備蓄事業  2,691万4,000円 
  感染症拡大時期に、大規模災害が発生した場合の先行開設避難所及び自主避難所における市民の感染症の感染防止対策として、資機材を配備する。

4)「(仮称)防災自助・共助学習センター」設置事業  110万6,000円 
  防災に関する自助・共助の意識向上を図るため、市民がいつでも防災・減災について学習できる場を津島市生涯学習センター2階に設置する。

事業規模は合計2億8,801万円9,000円


となり、第1弾12事業・第2弾10事業など様々な事業を合わせて展開し、感染防止と地域の経済を回復軌道に乗せるべく、しっかりと対応してまいります。


新型コロナウイルス感染症の影響で、尾張津島藤まつり・尾張津島天王祭・そして尾張津島秋まつりと、市を代表するまつりが中止となってしまい、毎年これらのまつりにご招待しておりました在・駐名古屋各領事館の皆様へ、ご案内もできない日々が続きました。
そこで今回は、天王川公園開設100周年記念イベントである「天王川公園カフェ・喫茶店設置等に向けた社会実験」のご案内に伺いました。屋外で新しい生活様式のもと、「withコロナ」を意識したものです。天王川公園は、日比谷公園や鶴舞公園の設計をし、「日本の公園の父」とも呼ばれた帝都大学(現東京大学)の本多静六博士らによって手掛けられました。大正15年に鶴舞公園等と並んで愛知県内で初めて計画決定され、後に「日本の歴史公園100選」にも選ばれた誇れる公園です。是非皆さんも、11月29日(日曜)までの毎週木曜・土曜・日曜の10時から15時(木曜日は9月17日から開始)に天王川公園へ足を運んでいただき、店舗利用するともらえる「記念カード」をゲットしてください。


また、9月27日(日曜)お昼12時から、蛭間小学校校庭にて津島市新型コロナウイルス感染症対策事業「こども食堂応援事業」である「つしまこども食堂 第2弾」を開催いたします。「津島市在住の子ども・子育て世帯の方、新型コロナの影響で生活が厳しくなっている方」を応援したいとの思いから、市内8小学校で順次開催するものです。市民の皆様がコロナ禍でも「こころ豊かに」、このことが私の願いです。

9月号広報5P

さらに、津島市新型コロナウイルス感染症対策事業「第2弾」の1つである「新規ウインドウで開きます。健康づくり・飲食店応援券事業」がいよいよスタートします。発行総額1億円(20,000セット)を予定しており、市民の皆様とお店の元気を応援します!

市政のひろば9月号と一緒にお配りしたチラシにある専用往復ハガキにより、9月1日(火曜)から15日(火曜、必着)までにお申し込みください。申込者多数の場合は抽選となり、9月18日(金曜)から23日(水曜)までに当落結果を返信用ハガキにて通知します。その後、9月28日(月曜)から10月2日(金曜)までに、応援券引換ハガキ(返信用ハガキ)と代金を持参の上、申込時に希望された応援券の引換場所にてご購入ください。5,000円分が3,000円で購入でき、とてもお得です。お一人5セット1万5,000円まで購入可能ですので、是非購入して津島のお店を皆さんの手で応援していただきたいと思います。

最終的な応援券取扱店舗一覧は応援券販売時にお渡しします。最新版については新規ウインドウで開きます。市ホームページでご確認をお願いします。


市政のひろば9月号では、9月9日が「救急の日」、9月6日(日曜)から12日(土曜)が「救急医療週間」であることから、救急の仕事や救急医療体制を皆さんに正しく理解してもらうための特集を組ませていただきました。平成28年に発表された「救急蘇生法の指針2015(市民用)」について、今回の新型コロナウイルス感染症の流行の状況を踏まえ、厚生労働省から追補されましたので、この機会に救急蘇生法について今一度ご確認ください。

また、市民病院特集では「よく噛んで健康づくり」と「市民病院の歯科口腔外科の取り組み」を紹介しています。食べ物をよく「噛むこと」「噛めること」は健康と密接なつながりを持っています。ひとくち30回噛む習慣をつけ、歯を大切にしましょう。

そして市政のひろば7月号・8月号に引き続き、健康維持特集「第3弾」を掲載いたしました。市民の皆さんが、新型コロナウイルス禍の中でも健康でいきいきと生活していただくための特集です。今回のテーマは「つし丸たいそうで楽しく運動」です。自宅で映像を見ながら簡単に取り組めるよう、市ホームページからも閲覧できますので、気軽に運動してみましょう!


市政のひろば9月号に掲載している12項目の主な内容は、次のとおりです。

 1 特集 9月6日(日曜)から12日(土曜)までは救急医療週間
 2 津島市健康づくり・飲食店応援券
 3 市民病院特集 よく噛んで健康づくり
 4 健康維持特集 つし丸たいそうで楽しく運動
 5 令和3年度 幼稚園・保育所・認定こども園 入園案内
 6 令和2年10月1日、国勢調査を実施します!
 7 医療機関での健康診査はあと2カ月で終了します
 8 私のカルテ
 9 子どもの目
 10 ほんのひととき
 11 アンケート
 12 街角散歩

是非、ご覧ください。

 8月24日に愛知県緊急事態宣言が解除されましたが、引き続き、感染拡大防止にご協力をお願いいたします。 (愛知県ホームページ外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。「県民・事業者の皆様へのお願い」(外部サイト)
 新型コロナウイルス感染症拡大が長く続いておりますが、今後も様々な支援をしてまいりますので、市民の皆様には元気でいきいきと過ごしていただくようお願い申し上げます。

 
 令和2年9月1日
  津島市長 日比 一昭

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

市長公室 人事秘書課
〒496-8686 愛知県津島市立込町2丁目21番地
電話番号:0567-24-1111

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

市長からのメッセージ

施設案内

よくある質問

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

広告

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
ページの先頭へ

津島市役所

〒496-8686 愛知県津島市立込町 2丁目21番地
電話:0567-24-1111(代表)

開庁日:月曜日から金曜日(祝休日・年末年始を除く)

開庁時間: 午前8時30分から午後5時15分まで

Copyright © Tsushima City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る