このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
つたえたい四季おりおりのまち 津島市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 福祉・医療
  • 市の紹介・観光
  • 市政・ビジネス
サイトメニューここまで

本文ここから

市長からのメッセージ令和2年8月号

最終更新日:2020年8月1日

sityousyasinn

今年も暑い夏がやって来ました!子ども達にとっては、待ちに待った楽しみの多い夏休みでもありますが、今年は短くなってしまいました。そんな中、少しでも市民の皆様に涼を楽しんでもらおうと先月25日(土曜)から天王川公園で噴水がオープンいたしました。稼働期間は10月31日(土曜)までの土曜日、日曜日、祝日および8月8日(土曜)から8月23日(日曜)の夏休み期間です。背景には、尾張津島天王祭宵祭・朝祭が描かれた壁画も設けられ、新しいお楽しみスポットとなっています。


 新型コロナウイルス禍ではありますが、市民の皆様におかれましては、「新しい生活様式」のもと、お元気でお過ごしのことと思います。
 先月の尾張津島天王祭は中止となってしまいましたが、せめて外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。PR動画(外部サイト)でも見ていただいて、来年の開催を願いたいと思います。


さて、津島商工会議所による新型コロナウイルスに関する会員アンケートによると、9割以上が経営に影響を受けているとのことでありますが、改めて感染防止対策と地域経済を回復軌道に乗せることが不可欠であると感じました。市といたしましても、独自の新型コロナウイルス感染症対策として様々な事業を展開しており、第1弾12事業、第2弾10事業、さらには小学校のトイレ洋式化事業も加えますと、総額10億を超える事業規模といたしました。今後も、新型コロナウイルス感染症に負けるな!との強い気持ちで頑張ってまいります。
そこで今回は2事業についてご紹介したいと思います。


まず、「津島市健康づくり・飲食店応援券」事業については、食により市民の方々が食べて、動いて、くつろいで心と身体が元気になり、施設やお店も元気になるというものです。


新規ウインドウで開きます。市外学生応援事業」については、市外在住の学生に対し、学生生活を支援するため、市の特産品を活用した応援物資を送付します。

また、津島市は、「津島市まちなか定住促進事業」を進めています。定住のためマイホームを考えている方へ、最大100万円の補助金を交付します。現在、働き方改革として、在宅勤務やリモートワークなど新しい働き方が見直されています。是非、「津島市」をその拠点に考えてみてはいかがですか。


さらに、8月1日(土曜)からは天王川公園にキッチンカーや簡易テントによる屋外飲食店を試験的に設置し、商品ニーズ・店舗利用者数・客単価等のデータ採取及び店舗利用者へのアンケート調査を行う社会実験を実施します。本年は天王川公園開設100周年であることから、店舗利用者の先着1日200名に記念カードを贈呈します。緑豊かで広大な屋外空間である天王川公園で余暇を過ごし、「新しい生活様式」を実践してみてください。


 市政のひろば8月号では7月号に引き続き、「健康維持特集」を組ませていただきました。市民の皆様が新型コロナウイルス禍の中でも、いつまでも「健康でいきいき暮らしていただきたい」との思いから、今回は「感染症に負けない気持ち」「こころの健康」がテーマです。

7月号では、フレイル(虚弱)にならないための予防方法を「食事」「お口」「からだ」の視点からお伝えしました。今月は「気持ち」についてです。新型コロナウイルス感染症の影響で外出が減り、人と話す機会が減ったことで、ぼんやりすることが増えたり、気持ちが滅入ったりしていませんか。自宅でもできる「あたまの体操」に挑戦してみましょう!あたまの体操は認知症予防にも効果的と言われています。

あたまの体操のポイントは3つ
(1)大切なことは「楽しく」
 仲間と一緒に、昔の遊びや仕事の話をしたり、ゲームや絵画などの趣味活動を楽しく行ったりすることが大切です。趣味がないかも!?と思われた方は、この機会に、ご自身の楽しいこと、ワクワクすることを探すのもよいかもしれません。
(2)無理は禁物
 あまり好きではないことや苦手なことを無理に行うことはストレス(心への負荷)になったり、自信喪失につながったりして逆効果です。無理せず行いましょう。
(3)家族や友人と話す(電話やメールも含みます)
 外出が減っても会話が少なくならないよう、「新しい生活様式」を取り入れながら積極的にお話をしましょう。


市政のひろば8月号に掲載している11項目の主な内容は、次のとおりです。
 1 健康維持特集 感染症に負けない気持ち
 2 市内事業者等応援給付金のご案内
 3 国民健康保険からのお知らせ
 4 介護保険料の納付について
 5 9月1日(火曜)は「防災の日」
 6 市民課(マイナンバーカード交付臨時窓口)の開設について
 7 保存版 10月1日(木曜)から津島市巡回バス「ふれあいバス」の運行内容が変わります
 8 子どもの目
 9 院長コラム
 10 私のカルテ
 11 アンケート
是非、ご覧ください。

 
 今月号は、10月1日(木曜)からの津島市巡回バス「ふれあいバス」運行内容変更に関する保存版が掲載されていますので、ご確認ください。また、「津島の魅力はアップした…?」というアンケートもありますので、積極的な回答をお願いいたします。

 県内でも、新型コロナウイルス感染症の第2波とも思えるような感染者の広がりを見せてまいりました。市民の皆様におかれましては、改めて「新しい生活様式」を守っていただき、「3密」を回避し、感染防止対策の徹底をお願いいたします。

 
 令和2年8月1日
  津島市長 日比 一昭

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

市長公室 人事秘書課
〒496-8686 愛知県津島市立込町2丁目21番地
電話番号:0567-24-1111

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

市長からのメッセージ

施設案内

よくある質問

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

広告

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
ページの先頭へ

津島市役所

〒496-8686 愛知県津島市立込町 2丁目21番地
電話:0567-24-1111(代表)

開庁日:月曜日から金曜日(祝休日・年末年始を除く)

開庁時間: 午前8時30分から午後5時15分まで

Copyright © Tsushima City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る