このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
つたえたい四季おりおりのまち 津島市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 福祉・医療
  • 市の紹介・観光
  • 市政・ビジネス
サイトメニューここまで

本文ここから

ビデオリスト2

最終更新日:2015年1月30日

明日があるから
タイトル 明日があるから
管理番号 V-11
種別 ビデオ
収録時間 28分
分類 同和問題、女性、障がい者、高齢者
制作年度 平成13年
内容 新人記者が取材先で出会う人たちとのふれあいを通じて人権や先入観が差別へ繋がることとを学ぶ作品。
企画 三重県
備考  
ひかり
タイトル ひかり
管理番号 V-12
種別 ビデオ
収録時間 50分
分類 同和問題
制作年度 平成13年
内容 転向してきた高校生がドキュメンタリーの撮影の手伝いに、ある被差別部落を訪れる。そこで同じ高校生がいまだに差別に苦しんでいることを知る。それぞれ自分の中の差別意識を見つめ、自分の勝手な思い込みがいかに差別と結びついているかに気付いていく。
企画 福岡市
備考  
残された日記
タイトル 残された日記
管理番号 V-13
種別 ビデオ
収録時間 56分
分類 同和問題
制作年度 平成13年
内容 突然妻を亡くしたその夫は、ショックで立ち直れない毎日を過ごしていた。ある日、娘が来てタンスの中にあった母の日記を見つけ、子ども達に説得され読んでみると同和地区で誇り高く生きる女性に影響を受けた妻の思いがつづられていた。
企画 滋賀県解放県民センター・滋賀県
備考 字幕付き
もう一人の私
タイトル もう一人の私
管理番号 V-14
種別 ビデオ
収録時間 27分
分類 その他
制作年度 平成14年
内容 顧客の個人情報を無造作に扱ってきた主人公は、出会い系サイトにプライバシーを無断で掲載され、個人情報という「もう一人の私」を守ることの大切さを痛感する。現代社会においてますます重要性を帯びてきたプライバシーの権利、個人情報保護をテーマに人権について学ぶ作品。
企画 部落解放・人権研究所人啓発ビデオ製作委員会ほか
備考  
日本に暮らす新来外国人
タイトル 日本に暮らす新来外国人
管理番号 V-15
種別 ビデオ
収録時間 25分
分類 外国人の人権
制作年度 平成14年
内容 本人が外国人の人たちと共に生きていくためには、それぞれの「違い」を認めつつ、一人の人間として向き合うことが大切であるが、国際社会の中で、今後どのようにしていけばよいのか、日本に暮らす外国人の人や関係者の実際の声を交えながら考える作品。
企画  
備考  
同和問題これからの課題
タイトル 同和問題これからの課題
管理番号 V-16
種別 ビデオ
収録時間 28分
分類 同和問題
制作年度 平成14年
内容 2002年3月に「特別措置法」の法期限を迎え、この法律にもとづく33年にわたる「同和対策事業」は終了しましたが、同和問題の何が変わって何が変わらなかったのかを検証し、これからの同和問題を考えます。
企画  
備考  
ハンセン病剥奪された人権
タイトル ハンセン病剥奪された人権
管理番号 V-17
種別 ビデオ
収録時間 25分
分類 ハンセン病
制作年度 平成14年
内容 現在も国立ハンセン病療養所に暮らす人々、委員長及び関係者の証言を取材し、ハンセン病隔離の不幸な歴史と現在の現状を描きます。そして、現代に生きる私たちが、今、考えなければならない人権意識を問う作品。
企画  
備考  
女性の人権を考える
タイトル 女性の人権を考える
管理番号 V-18
種別 ビデオ
収録時間 25分
分類 女性の人権
制作年度 平成14年
内容 ドメスティック・バイオレンスの被害者の方やセクシャル・ハラスメントの被害者の方の実際の体験をお聞きする中から、女性差別の根元にある意識を問います。そして、私たちの中にもこうした意識が根強く残っていまいかを考えていきます。
企画  
備考  
夢の約束
タイトル 夢の約束
管理番号 V-19
種別 ビデオ
収録時間 53分
分類 同和問題
制作年度 平成14年
内容 同和地区出身ということで就職も決まらず、愛する女性との仲まで裂かれそうになる主人公は確かな自分を求めて生きようとします。太鼓の演奏を通じ人と人を結び付いていく様子を描きながら、人が自分らしく生きることは何なのか、それをみんなで支え合うにはどうすればよいのかを考える作品。
企画 大阪人権問題映像啓発推進協議会ほか
備考 字幕付き
日本の歴史と部落問題第一巻
タイトル 日本の歴史と部落問題第1巻
管理番号 V-20
種別 ビデオ
収録時間 50分
分類 同和問題
制作年度 平成1年
内容 1・基本的人権と差別2・原始社会と差別3・古代社会と差別4・中世社会と差別5・中世被差別民の生活と文化6・近代社会と部落の成立7・近世部落の役目と仕事8・近世部落の生活と文化9・差別の強化と差別思想10・差別への闘いと解放思想
企画 リバティ・おおさか
備考  

お問い合わせ

市民生活部 人権推進課
〒496-8686 愛知県津島市立込町2丁目21番地
電話番号:0567-24-1111

この担当課にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。
ページの先頭へ

津島市役所

〒496-8686 愛知県津島市立込町 2丁目21番地
電話:0567-24-1111(代表)

開庁日:月曜日から金曜日(祝休日・年末年始を除く)

開庁時間: 午前8時30分から午後5時15分まで

Copyright © Tsushima City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る