このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
つたえたい四季おりおりのまち 津島市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 福祉・医療
  • 市の紹介・観光
  • 市政・ビジネス
サイトメニューここまで

本文ここから

食品ロスについて

最終更新日:2022年8月22日

食べられるのに捨てられる「食品ロス」を減らしましょう

食品ロスとは

食品ロスとは、「まだ食べられるのに廃棄される食品」のこと。農林水産省が公表している令和2年度推計によると、年間522万トン発生しております。
食品ロスを国民1人当たりに換算すると、「お茶碗約1杯分(約113グラム)の食べ物」が毎日捨てられることになります。

食品ロスの発生原因

食品ロスは、以下のことが原因で発生しております。

  • 食べ残し・・・食べきれずに廃棄されたもの
  • 直接廃棄・・・期限切れや買い過ぎにより、使用・提供できず、そのまま廃棄されたもの
  • 過剰除去・・・厚く剥き過ぎた野菜の皮など、不可食部分を除去する際に、過剰に可食部分が除去されたもの

上記以外に、返品や売れ残りも食品ロス発生の原因と考えられます。

食品ロス削減のためにできること

食品ロスを減らすために、食べ物を「買い過ぎない」、「作り過ぎない」、「食べきる」工夫をすることが大切です。ここでは、食品ロスを削減するための取り組み例を紹介します。
1.家庭では

  • 買い物前に冷蔵庫などにある食材を確認した上で、必要な分だけ購入し、使いきる。
  • 料理は、作り過ぎず、食べきる。
  • 作り過ぎてしまった料理や食材が残っている場合は、調理を工夫し、使いきる。

2.外食時では

  • 小盛りメニューやハーフサイズを活用し、食べられる量だけ注文する。
  • どうしても残してしまった料理は、持ち帰ることができるか、お店の人と相談する。

3.宴会時では

  • 料理を味わう時間を設ける。
  • お開き前に、食べきりタイムを設ける。
  • どうしても残してしまった料理は、持ち帰ることができるか、お店の人と相談する。

食品の期限表示

賞味期限と消費期限の違い
  賞味期限 消費期限
意味 おいしく食べることができる期限。この期限を過ぎても、すぐに食べられないということではない。 この期限を過ぎたら食べない方が良い期限。
表示 3か月を超えるものは年月で表示し、3か月以内のものは年月日で表示 年月日で表示
対象 スナック菓子、カップめん、缶詰など 弁当、サンドイッチ、惣菜など

食品ロス削減ガイドブック(消費者庁)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

建設産業部 産業振興課
〒496-8686 愛知県津島市立込町2丁目21番地
電話番号:0567-24-1111

この担当課にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。
ページの先頭へ

津島市役所

〒496-8686 愛知県津島市立込町 2丁目21番地  電話:0567-24-1111(代表)
【新型コロナワクチンの接種について】電話:0567-22-2115 新型コロナワクチンコールセンター(保健センター内)津島市上之町1丁目60番地

開庁日:月曜日から金曜日(祝休日・年末年始を除く)

開庁時間: 午前8時30分から午後5時15分まで

Copyright © Tsushima City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る