このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
つたえたい四季おりおりのまち 津島市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 福祉・医療
  • 市の紹介・観光
  • 市政・ビジネス
サイトメニューここまで

本文ここから

平成31(2019)年度つしま歴史・文化のまちづくり提案事業募集要項

最終更新日:2019年4月10日

「つしま歴史・文化のまちづくり提案事業」は、津島市まちなか歴史・文化地区(歴史・文化ゾーン)における、まちの活力・にぎわいを創出することを目的とした提案事業を募集します。応募されたみなさんの提案を、公開の場で発表していただく「公開審査」方式で選考し、補助団体と補助金額を決定します。

1.対象団体

(1)団体の行う活動が非営利、公益的、自発的であること。
(2)宗教活動または政治活動を目的としていないこと。
(3)反社会的な団体でないこと。

2.対象事業

(1)津島市まちなか歴史・文化地区(歴史・文化ゾーン)における、まちの活力・にぎわいを創出することを目的とした事業であること。
(2)公益性のある市民活動に係る事業であること。
(3)対象期間(交付決定後~平成32(2020)年3月8日 日曜)内の事業であること。
注1:公益性のある事業とは、不特定かつ多数のものの利益の増進に寄与する事業であって、特定地域への居住が参加条件であるものや会員のみの参加等は共益的な活動となり、公益的にはなりません。
注2:国、県、市、公益法人、民間企業等から補助、助成等の資金援助を受けている事業又は受ける予定の事業、構成員の親睦のみの事業又は特定の人や団体の利益を目的とする事業、当該年度内に完了しない事業は除きます。

3.事業実施対象地区

平成31(2019)年度つしま歴史・文化のまちづくり提案事業募集要項をご確認ください。
※下部添付ファイルをご参照ください。

4.募集部門

歴史・文化ゾーンde夢まちづくり部門

単年度事業で終わらず、継続的に実施できる事業を募集します。または、単年度事業でも効果・影響が将来に及ぶものを募集します。
また、今後の団体活動への発展性や、他のまちづくり活動や他の団体への波及効果がある事業を募集します。

5.補助金額及び対象経費

(1)補助金額

平成30年度の補助金総額は80万円以内。1団体につき上限20万円。1団体から複数事業の提案不可。
審査会により、補助団体及び補助金額を決定します。

(2)対象経費

事業に必要な経費で、次のような経費とします。

報償費( 講演会の講師や調査・研究等を専門家へ依頼した場合の謝礼など)
旅費 (交通費、宿泊費など)
需用費 (機材・資材・書籍等の購入費、チラシ・ポスター・報告書等の印刷費、材料費、消耗品費など)
役務費 (通訳・翻訳・原稿料、通信運搬に係る経費、保険料など)
使用料・賃借料 (会場使用料、車両・機械等の賃借料、通行料など)
その他の経費 (その他市長が必要と認める経費)

注1.事業完了後に補助対象事業にかかる全ての支出を確認できる書類(領収書等)を提出していただきます。
注2.市民活動団体の運営経費及び人件費、事業の実施に直接かかわらない物品等の購入費は対象となりません。(パソコン等長期間使用できる備品は対象になりません。リース・レンタルは対象です。)
注3.補助金申請額は、総事業費から収入(参加費などの受益者負担分)や自己資金等を除いた額となります。
(総事業費)-(参加費などの受益者負担)-(団体自己資金など)=(補助金申請額)

6.提出期限及び提出方法

(1)提出期限

平成31(2019)年5月25日 土曜 午後5時必着

(2)提出していただく書類

(ア)市費補助金等交付申請書
(イ)団体概要書
(ウ)事業計画書
(エ)収支予算書

(3)提出方法

提出書類を津島市役所市民協働課、または、つしま夢まちづくりセンター(津島市生涯学習センター内)まで直接持参または配達の記録が残る郵便物で送付(提出期限必着)してください。FAX・電子メール及び記録媒体での提出は不可です。

津島市役所市民協働課

〒496-8686 津島市立込町2-21 FAX 0567-24-1791

つしま夢まちづくりセンター

〒496-0011 津島市莪原町字椋木5 津島市生涯学習センター内 つしま夢まちづくりセンター
FAX 0567-58-4133

(4)提案事業に関する説明・相談について

つしま夢まちづくりセンターにおいて、説明・相談を随時受け付けています。
事業のご相談や申請書等の記載方法など、ご不明な点がありましたらお問い合わせください。

7.審査方法

(1)つしま歴史・文化のまちづくり提案事業公開審査会

日にち・場所

平成31(2019)年6月15日 土曜 津島市観光交流センター

公開審査会について

(ア)提出書類、プレゼンテーション、質疑応答の内容を総合して審査します。
(イ)審査会に出席されない場合は、補助金の選考対象とはせず補助金の交付はされません。
(ウ)企画している事業内容を5分以内で発表してください。プレゼンテーションは、提出書類のほか独自に作成した資料等を用いても結構です。プロジェクター等機材を使用される場合には、事前に担当までご相談ください。

(2)つしま歴史・文化のまちづくり提案事業審査会委員

日本福祉大学国際福祉開発学部長 吉村 輝彦 氏
NPO法人志民連いちのみや理事長 星野 博 氏
NPO法人ボランタリーネイバーズ副理事長 三島 知斗世 氏

(3)選考基準

公益性、効果・波及性、計画性、実現性、独自性、自立性、熱意・継続性等の視点から選考します。

(4)選考結果の発表

選考結果については、審査会当日に発表し、後日、決定通知を送付します。

8.活動報告会及び実績報告

(1)活動報告会

補助金交付を受けた団体は、活動報告会で事業の成果を
発表していただきます。開催日は後日お知らせします。

(2)実績報告

補助事業の完了後30日以内または当該年度末日のいずれか早い期日までに、実績報告書に添付書類を添えて提出していただきます。その内容等を審査し、補助金交付額を確定した後に、確定額を通知します。
決定(確定)通知後、市費補助金等交付請求書を提出していただき補助金を交付します。

9.その他

(1)補助事業を変更又は中止をする場合は、変更届を提出してください。
(2)申請または補助事業の実施にあたり、不正な行為があったときや交付条件に違反したときは、交付決定の取り消し、または交付された補助金の返還を求めます。
(3)提出された申請書等は返却いたしません。また、この補助金の公正性及び透明性を高めるとともに、本市における市民活動を促進するために選考結果及び各事業の概要等、申請書を含めいただいた情報は、基本的に公表の対象としますのでご了承ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

市民生活部 市民協働課
〒496-8686 愛知県津島市立込町2丁目21番地
電話番号:0567-24-1111

この担当課にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。
ページの先頭へ

津島市役所

〒496-8686 愛知県津島市立込町 2丁目21番地
電話:0567-24-1111(代表)

開庁日:月曜日から金曜日(祝休日・年末年始を除く)
開庁時間: 午前8時30分から午後5時15分まで

Copyright © Tsushima City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る