このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
つたえたい四季おりおりのまち 津島市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 福祉・医療
  • 市の紹介・観光
  • 市政・ビジネス
サイトメニューここまで

本文ここから

児童虐待防止

最終更新日:2017年2月22日

STOP!子ども虐待~相談してくれてありがとう~

平成16年10月1日から,「児童虐待の防止等に関する法律(児童虐待防止法)」が改正されました。虐待を受けている子どもに気づいた時はもちろん,「虐待を受けたのでは?」と疑われる場合も通告することとされています。

 全国的に問題となっている児童虐待は、子どもの心や身体に深刻な影響を与えるばかりでなく、時として尊い生命を奪うことにもつながり、子どもの健やかに生きる権利を侵す大きな人権侵害です。

 「しつけ」や「愛のムチ」と親は思っていても、子どもにとって有害な行為は虐待になるのです。

 近年の社会構造の変化により核家族が増え、近隣とのつきあいが少なくなっている今、在宅で子育てする母親は孤立しがちです。子育てに不安感や負担感をもつ保護者のストレスが大きな要因になっているともいわれています。

 虐待には、子どもの体を傷つける「身体的虐待」、暴言などで子どもの心を傷つける「心理的虐待」、子どもに食事を与えないなどの「ネグレクト」、子どもにわいせつな行為をする「性的虐待」があります。特に、周囲の人から発見されにくい「ネグレクト」は、ここ最近増えてきています。

 平成16年10月、児童虐待を早期に発見・対応し、児童虐待そのものの発生予防を強化するために、児童虐待防止法が改正されました。

 改正児童虐待防止法では、児童虐待の定義そのものが見直され、保護者以外の同居人による子どもへの虐待や、行為を保護者が止めないことも「ネグレクト」として、児童虐待と見なされるようになりました。また、子どもの前でドメスティック・バイオレンスが行われるなど、子どもへの被害が間接的なものについても、児童虐待に含まれます。

子どもを虐待から守るための5か条

1 「おかしい」と感じたら迷わず連絡(通告)(通告は義務=権利)
2 「しつけのつもり…」は言い訳(子どもの立場で判断)
3 ひとりで抱えこまない(あなたにできることから即実行)
4 親の立場より子どもの立場(子どもの命が優先)
5 虐待はあなたの周りでも起こりうる(特別なことではない)

 また、通告義務の対象範囲が広がり、虐待の事実が必ずしも明らかでなくても、一般の人の目から見れば主観的に「児童虐待があるのではないか」と疑われる場合にも、通告しなければならなくなりました。

 虐待の疑いだけで通告して、それが間違いだったらどうしよう、と心配する方もいるかもしれません。しかし、児童虐待防止法の趣旨に基づき、「児童虐待を防ぎたい」と善意からの通告であれば、結果として誤りであっても、刑事上や民事上の責任を問われることはありません。

 発見しにくい虐待は、子どもや家庭のちょっとした変化で気づいてあげることが必要なのです。虐待を疑うようなことがあったら、間違いを恐れず、地域の民生児童委員に相談したり、児童相談センターや市子育て支援課に連絡してください。

  • 愛知県海部児童相談センター
     電話 : (0567)25-8118
  • 津島市家庭児童相談室
     電話 : (0567)24-0350
  • 津島市社会福祉事務所(市子育て支援課)
     電話 : (0567)24-1111
     内線2221~2224
  • 児童相談所全国共通ダイヤル 189(いちはやく)

 児童虐待を防止する取り組みに必要不可欠なのは、子どもやその家庭と同じ地域に暮らす住民一人ひとりの協力です。虐待が起こりそうな家庭の兆候、あるいは虐待を受けている子どもからのSOSに周囲の人が気づくこと、そして、それを相談・通告することが、虐待から子どもを救い、子育てに悩んでいる親を救うことになるのです。

お問い合わせ

健康福祉部 子育て支援課
〒496-8686 愛知県津島市立込町2丁目21番地
電話番号:0567-24-1111

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

施設案内

よくある質問

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

広告

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
ページの先頭へ

津島市役所

〒496-8686 愛知県津島市立込町 2丁目21番地
電話:0567-24-1111(代表)

開庁日:月曜日から金曜日(祝休日・年末年始を除く)

開庁時間: 午前8時30分から午後5時15分まで

Copyright © Tsushima City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る