このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
つたえたい四季おりおりのまち 津島市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 福祉・医療
  • 市の紹介・観光
  • 市政・ビジネス
サイトメニューここまで

本文ここから

ファミリー・サポート・センターとは?

最終更新日:2019年4月3日

仕事と育児の両立支援と、家庭での育児支援を目標に「子育ての手助けをしてほしい」(依頼会員)と、「子育てのお手伝いをしたい」(提供会員)が会員となり、お互いに助け合いながら活動する組織です。病児・病後児預かり、産前産後の支援もします。

ファミサポキャラクター

ファミリー・サポート・センターのシステム

1会員になりましょう

依頼会員市内在住、在勤、通学で0歳から小学6年生までのお子さんをお持ちの方
(センターで説明を受けていただきます)
産前産後依頼会員市内在住、在勤、通学で妊娠8か月から産後2か月(多胎は12か月)までの方、家事または育児ができる家族がいない方
提供会員市内在住の20歳以上で子育てのお手伝いをしたい方
(センターが行う講習を受けていただきます)
両方会員依頼会員と提供会員を兼ねる方
会費は無料です。

2しくみと流れ

1センターへ援助活動依頼の申込み

依頼したい方は援助してほしい内容を教えてください。

2援助活動の依頼、援助者の紹介

依頼した方は事前打合せ票を記入しておいてください。

3事前打合せ

事前打合せはしっかりとしましょう。

4援助活動

打合せ内容はきちんと守りましょう。

5終了後、サイン、捺印、報酬の支払い

援助が終わったら、報告書はセンターへ提出してください。

3こんな時にご利用ください

保育園、幼稚園、小学校、学童保育、習い事等へのお子さんの送迎。
保育園等の始業時間前、及び終業時間後のお子さんの預かり。
病児・病後児の預かり。
通院、看護、冠婚葬祭、地域活動、授業参観など子どもを連れて行くことができないときの預かり。
産前産後の手伝い(妊娠8か月から産後2か月、多胎児は12か月まで)。
その他、育児の援助など。

4利用料金等は

利用料金等
区分 利用時間 利用日 料金
健康児 午前7時から午後8時 平日 700円
健康児 午前7時から午後8時 休日 800円
健康児 午後8時から午前1時 平日 1,200円
健康児 午後8時から午前1時 休日 1,200円
病児・病後児 午前9時から午後5時 平日 700円
市外在住は1,200円
病児・病後児 午前9時から午後5時 休日 800円
市外在住は1,200円
産前産後の家事支援 午前9時から午後6時 平日 700円
産前産後の家事支援 午前9時から午後6時 休日 800円
備考1平日とは月曜日から金曜日まで
備考2休日とは土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日から1月3日まで)

上記の料金は、子ども1人につき1時間あたりの報酬基準金額(2人目は半額)です。
利用時間の区分をまたぐ場合には、高いほうの金額で計算します。

5保険への加入は

活動中の事故に備え、「ファミリー・サポート・センター補償保険」に加入しています。
保険料は不要です。

6入会説明会・講習会は

提供会員、両方会員の入会説明会・講習会の日程については、センターへお問い合わせください。

開設時間は午前10時から正午までです。会員登録、活動記録簿の提出、問い合わせや相談にご利用ください。

7お問合せ先

津島市ファミリー・サポート・センター

〒496-8008愛西市北河田町郷西343-1
電話:0567-55-7708
FAX:0567-28-5505

開設時間午前8時30分から午後5時15分土曜日、日曜日、休日及び年末年始を除く

本文ここまで


以下フッターです。
ページの先頭へ

津島市役所

〒496-8686 愛知県津島市立込町 2丁目21番地
電話:0567-24-1111(代表)

開庁日:月曜日から金曜日(祝休日・年末年始を除く)

開庁時間: 午前8時30分から午後5時15分まで

Copyright © Tsushima City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る