このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
つたえたい四季おりおりのまち 津島市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 福祉・医療
  • 市の紹介・観光
  • 市政・ビジネス
サイトメニューここまで

本文ここから

平成31年度 定期予防接種

最終更新日:2019年4月1日

定期予防接種を受けるにあたって

予防接種の種類と実施場所

保健センターで実施するもの

BCG

津島市保健センター(健康推進課)
住所:津島市上之町1丁目60番地
電話番号:0567-23-1551

指定医療機関で実施するもの

Hib(ヒブ)感染症、小児の肺炎球菌感染症、B型肝炎、4種混合、3種混合、2種混合、不活化ポリオ、MR混合、水痘、日本脳炎、ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん予防ワクチン)
  • 疾患やアレルギー等で指定医療機関での接種が困難な方は、下記までご連絡ください。
  • 特別な理由で上記の指定医療機関以外で定期接種する場合は、事前の手続きが必要ですので、下記までご連絡ください。手続きには、母子健康手帳、印鑑が必要です。

注意事項

  • 指定医療機関で予約し、接種してください。接種当日は母子健康手帳、津島市で配布された予診票、健康保険証を持参し、定められた期間、間隔で接種してください。
  • 予診票をお持ちでない方は、保健センターで交付します。母子健康手帳で接種歴を確認し交付しますので、母子健康手帳をご持参ください。
  • 生ワクチン(BCG、MR混合、水痘)を接種後に他の予防接種を受ける場合は、接種の翌日から起算して27日以上の間隔をあけてください。
  • 不活化ワクチン(Hib(ヒブ)感染症、小児の肺炎球菌感染症、B型肝炎、4種混合、3種混合、2種混合、不活化ポリオ、日本脳炎、ヒトパピローマウイルス感染症)を接種後に他の予防接種を受ける場合は、接種の翌日から起算して6日以上の間隔をあけてください。
  • 長期にわたり療養を必要とする重篤な疾患にかかっていたことなどの特別な事情により定期接種の機会を逃したと認められる場合は、特別な事情がなくなった日から2年間は定期予防接種が受けられる場合があります。詳しくは、下記までお問い合わせください。

BCG

対象

生後1歳に至るまでの間にある者

接種回数

生後5月に達した時から生後8月に達するまでの期間を標準的な接種期間として、1回

Hib(ヒブ)感染症

対象

生後2月から生後60月に至るまでの間にある者

接種間隔等

1.初回接種開始時に生後2月から生後7月に至るまでの間にある者

初回接種

27日(医師が必要と認めた場合には20日)以上、標準的には27日(医師が必要と認めた場合には20日)から56日までの間隔をおいて3回行う。

追加接種

初回接種終了後7月以上、標準的には7月から13月までの間隔をおいて1回行う。

注意事項

初回2回目及び3回目の接種は、生後12月に至るまでに行うこととし、それを超えた場合は行わないこと。この場合、追加接種は実施可能であるが、初回接種に係る最後の注射終了後、27日(医師が必要と認めた場合には20日)以上の間隔をおいて1回行うこと。

2.初回接種開始時に生後7月に至った日の翌日から生後12月に至るまでの間にある者

初回接種

27日(医師が必要と認めた場合には20日)以上、標準的には27日(医師が必要と認めた場合には20日)から56日までの間隔をおいて2回行う。

追加接種

初回接種終了後7月以上、標準的には7月から13月までの間隔をおいて1回行う。

注意事項

初回2回目の接種は、生後12月に至るまでに行うこととし、それを超えた場合は行わないこと。この場合、追加接種は実施可能であるが、初回接種に係る最後の注射終了後、27日(医師が必要と認めた場合には20日)以上の間隔をおいて1回行うこと。

3.初回接種開始時に生後12月に至った日の翌日から生後60月に至るまでの間にある者

1回

小児の肺炎球菌感染症

対象

生後2月から生後60月に至るまでの間にある者

接種間隔等

1.初回接種開始時に生後2月から生後7月に至るまでの間にある者

初回接種

標準的には生後12月までに27日以上の間隔をおいて3回行う。

追加接種

生後12月から生後15月に至るまでの間を標準的な接種期間として、初回接種終了後60日以上の間隔をおいた後であって、生後12月に至った日以降において1回行う。

注意事項

初回2回目及び3回目の接種は、生後24月に至るまでに行うこととし、それを超えた場合は行わないこと(追加接種は実施可能)。ただし、初回2回目の接種が生後12月を超えた場合は、初回3回目の接種は行わないこと(追加接種は実施可能)。

2.初回接種開始時に生後7月に至った日の翌日から生後12月に至るまでの間にある者

初回接種

標準的には生後12月までに、27日以上の間隔をおいて2回行う。

追加接種

生後12月以降に、初回接種終了後60日以上の間隔をおいて1回行う。

注意事項

初回2回目の接種は、生後24月に至るまでに行うこととし、それを超えた場合は行わないこと(追加接種は実施可能)。

3.初回接種開始時に生後12月に至った日の翌日から生後24月に至るまでの間にある者

60日以上の間隔をおいて2回行う。

4.初回接種開始時に生後24月に至った日の翌日から生後60月に至るまでの間にある者

1回

B型肝炎

対象

生後1歳に至るまでの間にある者
(標準的な接種期間は生後2月からです。生後2月未満で接種希望の方は、下記までご連絡ください。)

接種回数

3回

接種間隔

27日以上の間隔をおいて2回接種した後、第1回目の注射から139日以上の間隔をおいて1回接種を行う。(※標準的な接種期間は、生後2月に至った時から生後9月に至るまでの期間)

4種混合(ジフテリア、百日せき、破傷風、急性灰白髄炎(ポリオ))

対象

生後3月から生後90月に至るまでの間にある者

接種回数

初回接種3回、追加接種1回

接種間隔等

初回接種

生後3月に達した時から生後12月に達するまでの期間を標準的な接種期間として20日以上、標準的には20日から56日までの間隔をおいて3回行う。

追加接種

初回接種終了後6月以上、標準的には12月から18月までの間隔をおいて1回行う。

注意事項

3種混合の接種が終了していない方は、下記までお問い合わせください。

麻しん及び風しん(MR混合)第1期

対象

生後12月から生後24月に至るまでの間にある者

接種回数

1回
(1歳になったらなるべく早く第1期の予防接種を受けるように努めて下さい。)

麻しん及び風しん(MR混合)第2期

対象

5歳以上7歳未満の者であって、小学校就学の始期に達する日の1年前の日から当該始期に達する日の前日までの間にあるもの(小学校就学前の1年間にある者:保育園、幼稚園の年長児相当)

接種回数

1回

水痘(水ぼうそう)

対象

生後12月から生後36月に至るまでの間にある者

接種回数

2回

接種間隔等

生後12月から生後15月に達するまでの期間を1回目の接種の標準的な接種期間として、3月以上、標準的には6月から12月までの間隔をおいて2回行う。

日本脳炎第1期

対象

生後6月から生後90月に至るまでの間にある者
(標準的な接種期間は3歳からです。3歳未満で接種希望の場合は、下記までご連絡ください。)

接種回数

初回接種2回、追加接種1回

接種間隔等

初回接種

3歳に達した時から4歳に達するまでの期間を標準的な接種期間として6日以上、標準的には6日から28日までの間隔をおいて2回行う。

追加接種

初回接種終了後6月以上、標準的にはおおむね1年を経過した時期に、4歳に達した時から5歳に達するまでの期間を標準的な接種期間として1回行う。

日本脳炎第2期

対象

9歳以上13歳未満の者

接種回数

1回

日本脳炎の特例措置

平成7年4月2日から平成19年4月1日生まれの方は、日本脳炎の定期予防接種の期間が20歳の誕生日の前日まで延長されました。また、平成19年4月2日から平成21年10月1日生まれの方で、第1期(3回)の接種が完了していない場合、9歳以上13歳未満の間に第1期の不足分を接種することができます。接種方法等については、下記までお問い合わせください。

2種混合(ジフテリア、破傷風)

対象

11歳以上13歳未満の者

接種回数

1回

ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん予防ワクチン)(現在、積極的な接種勧奨はしておりません。接種をご希望の方は、下記までお問い合わせください。)

対象

12歳となる日の属する年度の初日から16歳となる日の属する年度の末日までの間にある女子(小学6年生相当から高校1年生相当の女子)

接種間隔等

ワクチンは2種類(サーバリックス、ガーダシル)あります。全3回を同じワクチンで接種してください。

  • サーバリックス(2価:HPV16型、18型)

13歳となる日の属する年度の初日から当該年度の末日までの間を標準的な接種期間とし、標準的な接種方法として、1月の間隔をおいて2回行った後、1回目の注射から6月の間隔をおいて1回行う。

注意事項

上記の接種方法をとることができない場合は、1月以上の間隔をおいて2回行った後、1回目の接種から5月以上、かつ2回目の注射から2月半以上の間隔をおいて1回行う。

  • ガーダシル(4価:HPV16型、18型、6型、11型)

13歳となる日の属する年度の初日から当該年度の末日までの間を標準的な接種期間とし、標準的な接種方法として、2月の間隔をおいて2回行った後、1回目の注射から6月の間隔をおいて1回行う。

注意事項

上記の接種方法をとることができない場合は、1月以上の間隔をおいて2回行った後、2回目の注射から3月以上の間隔をおいて1回行うこと。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

健康福祉部 健康推進課
〒496-0863 愛知県津島市上之町1丁目60番地
電話番号:0567-23-1551

この担当課にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。
ページの先頭へ

津島市役所

〒496-8686 愛知県津島市立込町 2丁目21番地
電話:0567-24-1111(代表)

開庁日:月曜日から金曜日(祝休日・年末年始を除く)
開庁時間: 午前8時30分から午後5時15分まで

Copyright © Tsushima City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る