このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
つたえたい四季おりおりのまち 津島市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 福祉・医療
  • 市の紹介・観光
  • 市政・ビジネス
サイトメニューここまで

本文ここから

新型コロナウイルス感染症について

最終更新日:2020年6月26日

「新しい生活様式」を健康に!

  • 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために、「新しい生活様式」として、一人ひとりが感染防止の3つの基本である1.身体的距離の確保、2.マスクの着用、3.手洗いや、「3密(密集、密接、密閉)」を避ける等の対策を取り入れた生活様式を実践することが求められています。
  • これから、夏を迎えるにあたり、皆様には、例年よりもいっそう熱中症にもご注意いただきたく、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための「新しい生活様式」における熱中症予防のポイントをまとめました。

マスクの着用について

  • マスクは飛沫の拡散予防に有効で、「新しい生活様式」でも一人ひとりの方の基本的な感染対策として着用をお願いしています。ただし、マスクを着用していない場合と比べると、心拍数や呼吸数、血中二酸化炭素濃度、体感温度が上昇するなど、身体に負担がかかることがあります。
  • したがって、高温や多湿といった環境下でのマスク着用は、熱中症のリスクが高くなるおそれがあるので、屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、マスクをはずすようにしましょう。
  • マスクを着用する場合には、強い負荷の作業や運動は避け、のどが渇いていなくてもこまめに水分補給を心がけましょう。また、周囲の人との距離を十分にとれる場所で、マスクを一時的にはずして休憩することも必要です。
  • 外出時は暑い日や時間帯を避け、涼しい服装を心がけましょう。

エアコンの使用について

  • 熱中症予防のためにはエアコンの活用が有効です。ただし、一般的な家庭用エアコンは、空気を循環させるだけで換気を行っていません。新型コロナウイルス対策のためには、冷房時でも窓開放や換気扇によって換気を行う必要があります。
  • 換気により室内温度が高くなりがちなので、エアコンの温度設定を下げるなどの調整をしましょう。

涼しい場所への移動について

  • 少しでも体調に異変を感じたら、速やかに涼しい場所に移動することが、熱中症予防に有効です。一方で、人数制限等により屋内の店舗等にすぐに入ることができない場合もあると思います。その際は、屋外でも日陰や風通しの良い場所に移動してください。

日頃の健康管理について

  • 「新しい生活様式」では、毎朝など、定時の体温測定、健康チェックをお願いしています。これらは、熱中症予防にも有効です。平熱を知っておくことで、発熱に早く気づくこともできます。日ごろからご自身の身体を知り、健康管理を充実させてください。また、体調が悪いと感じた時は、無理せず自宅で静養するようにしましょう。


熱中症予防行動

はじめよう「新しい生活様式」

新型コロナウイルス感染症は、無症状や軽症の人であっても、他の人に感染を広げる例があります。新型コロナウイルス感染症対策には、自らを感染から守るだけでなく、自らが周囲に感染を拡大させないことが不可欠です。そのためには一人ひとりの心がけが何より重要です。
具体的には、人と身体的距離をとることによる接触を減らすこと、マスクをすること、手洗いをすることが重要です。お一人おひとりが、日常生活の中で「新しい生活様式」を心がけていただくことで、新型コロナウイルス感染症をはじめとする各種の感染症の拡大を防ぐことができ、ご自身のみならず、大事な家族や友人、隣人の命を守ることにつながります。

新しい生活様式の実践例
新しい生活様式

新型コロナウイルス接触確認アプリのインストールにご協力ください。

このアプリは、利用者が新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性について、通知を受けることができます。陽性者と接触した可能性が分かることで、検査の受診など保健所のサポートを早く受けることができます。利用者が増えることで、感染拡大の防止につながることが期待されます。

新型コロナウイルス感染症が疑われる方へ

相談、受診の目安

・息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
・重症化しやすい方等(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
※高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方、妊婦の方
・上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合
(症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。)

電話相談窓口

愛知県保健医療局健康医務部健康対策課感染症グループ
電話:052-954-6272
設置期間:午前9時から午後5時まで(土日・祝日も実施)

津島保健所
電話:0567-26-4137
設置期間:午前9時から午後5時まで(平日のみ)

帰国者・接触者相談センター
電話:0567-24-6999
設置期間:午前9時から午後5時まで※夜間・土、日、祝日はオンコール24時間体制

厚生労働省の電話相談窓口
電話:0120-56-5653
設置期間:午前9時から午後9時まで(土日・祝日も実施)

コロナウイルスとは

関連リンク

津島市が主催するイベントの対応について

  厚生労働省においては、新型コロナウイルスの感染の拡大を防ぐために、令和2年2月20日に「イベントの開催に関する国民の皆様へのメッセージ」を公表いたしました。
 このメッセージでは、イベント等の主催者において、感染拡大の防止の観点から、感染の広がり、会場の状況等を踏まえ、開催の必要性を改めて検討することを求めています。さらに、手洗いや咳エチケットの徹底など感染拡大防止につながる行動への協力とともに、特に高齢の方や基礎疾患をお持ちの方については、人込みの多いところはできれば避けていただくなど感染予防への注意を求めています。
 津島市においては、国のメッセージを受けて、市主催で開催するイベント等の取扱いについて以下のとおり決定いたしました。 
 

〇 原則中止又は延期が望ましいとするイベント
 (1) イベント等に不特定多数の参加・集客が見込まれるため、感染拡大のリスクが大きく、出席者への感染に
   より、市民等の安全確保や社会上の影響が予測されるもの(令和2年2月25日現在)
 (2) 閉鎖的な空間において近距離で多くの人と会話する等の一定の環境下において開催される教室等
                             (国の基本方針等を受けて令和2年2月28日追加)        
  

今後に開催するイベントで中止するもの


今後のイベント中止一覧

問い合わせ先     
                                                                                          
健康福祉部健康推進課:0567-23-1551
市長公室危機管理課:0567-55-9594                                                                             

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

健康福祉部 健康推進課
〒496-0863 愛知県津島市上之町1丁目60番地
電話番号:0567-23-1551

この担当課にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。
ページの先頭へ

津島市役所

〒496-8686 愛知県津島市立込町 2丁目21番地
電話:0567-24-1111(代表)

開庁日:月曜日から金曜日(祝休日・年末年始を除く)

開庁時間: 午前8時30分から午後5時15分まで

Copyright © Tsushima City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る