このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
つたえたい四季おりおりのまち 津島市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 福祉・医療
  • 市の紹介・観光
  • 市政・ビジネス
サイトメニューここまで

本文ここから

母子・父子家庭医療費

最終更新日:2018年4月2日

母子・父子家庭医療費

 この制度は、母子家庭の母及び父子家庭の父並びにこれらの家庭の児童の健康の保持増進を図るため、保険診療の医療費の一部を助成するものです。津島市に在住し、健康保険に加入している方で対象要件に該当する方は、「母子・父子家庭医療費受給者証」の交付を受けることができます。
 県内の医療機関に受診の際、健康保険証と一緒に提示すると、医療保険自己負担額が無料となります。

対象者

  • 満18歳未満の児童(18歳誕生日の年度末までの子。以下同じ。)を現に扶養している配偶者のない女子および配偶者のない男子
  • 母子家庭の母及び父子家庭の父に現に扶養されている満18歳未満の児童
  • 父母のいない満18歳未満の児童

所得制限

  • 児童扶養手当所得制限内

助成内容

  • 医療保険の自己負担額

申請・申請に必要なもの

〈申請〉

  • 子育て支援課で母子(父子)に関する手当の認定を受けたとき
  • 母子(父子)に関する手当の認定を受けている方が転入したとき

〈手続きに必要なもの〉

  • 健康保険証
  • 印鑑
  • 母子・父子家庭を証する書類
    (児童扶養手当、遺児手当の各証明書等)
  • マイナンバーが分かるもの

その他

  • 入院時の差額ベッド料・容器代など保険診療の対象とならない費用や、入院時の食事負担(標準負担額)などは適用外になります。
  • 高額療養費・家族療養附加金等の支給がある場合、その額を助成額から除きます。詳しくは加入している健康保険組合等にお問い合わせください。
  • 生活保護法など公的制度で医療費の助成をすでに受けている方は対象になりません。

学校の教育活動中における災害(けが)について

 学校の教育活動中に負った災害(けが)については、日本スポーツ振興センターへ「災害共済給付金」の申請をしていただくことになります。
 日本スポーツ振興センターからは医療費として3割、見舞金として1割が支給されますが、各医療受給者証を使用し、医療機関等へかかられた際は、医療費は市が負担しているため、医療費の3割は市へ返還となり、見舞金の1割が保護者の方へ支給されます。市への返還手続きは、市が行うため、保護者の方の負担は発生しません。
 災害共済給付金の手続きは、各小・中学校で申請をお願いします。

担当:保険年金課 医療・年金グループ  電話:0567-24-1114(直通)

お問い合わせ

健康福祉部 保険年金課
〒496-8686 愛知県津島市立込町2丁目21番地
電話番号:0567-24-1111

この担当課にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。
ページの先頭へ

津島市役所

〒496-8686 愛知県津島市立込町 2丁目21番地
電話:0567-24-1111(代表)

開庁日:月曜日から金曜日(祝休日・年末年始を除く)

開庁時間: 午前8時30分から午後5時15分まで

Copyright © Tsushima City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る