このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
つたえたい四季おりおりのまち 津島市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 福祉・医療
  • 市の紹介・観光
  • 市政・ビジネス
サイトメニューここまで

本文ここから

児童手当について

最終更新日:2016年4月1日

Q児童手当とはどんな手当ですか。(登録日:平成24年10月1日)

A

  • 中学校卒業前の児童を監護養育する方に支給される手当です。
    金額は、所得制限額未満の場合は、3歳未満まで15,000円、3歳以上10,000円(ただし、小学校卒業前の第3子以降の子どもの分については、15,000円)となります。
    所得制限額以上の場合は、5,000円になります。(平成24年6月分から導入されます。)
  • なお、父も母も児童を監護養育している場合には、生計を維持する程度の高い者が受給資格者となります。
  • 未成年後見人、施設設置者、里親等の方にも児童手当が支給されます。

Q生計を維持する程度の高い者とは、どういう人ですか。(登録日:平成24年10月1日)

A

  • 生計を維持する程度の高い者とは、所得の多い者のことです。
    (1~5月は前々年分 6月~12月は前年分)
    父も母も児童を監護養育している場合には、どちらか、所得の多かったほうが受給資格者になります。
  • なお、所得が少なかったほうが受給資格者になるには、以下の条件を全て満たす必要があります。
    (1)配偶者(所得の多かったほう)の所得が、所得制限額未満であること。
    (2)所得の少なかったほうが世帯主であること。
    (3)所得の少なかったほうが、児童全員を税法上の扶養親族としていること。
    (4)所得の少なかったほうが、児童全員を健康保険の扶養家族としていること。
    (5)配偶者との所得の差が一定額未満であること。

Q児童手当に所得制限はありますか。限度額はいくらですか。(登録日:平成24年10月1日)

A

  • 平成24年6月分から所得制限が導入されています。6月~翌年3月は当該年度分(4・5月は前年度分)の所得が限度額以上の場合は、手当が5,000円になります。
所得制限限度額表
扶養親族の数 所得制限限度額
0人 622万円
1人 660万円
2人 698万円
3人 736万円
4人 774万円

扶養親族が1人増えるごとに、38万円所得限度額が増えます。
扶養親族が老人扶養親族の場合は、上記金額に6万円を加算した額になります。

Q子どもが生まれましたが、児童手当の手続きをしないといけないのですか。(登録日:平成24年10月1日)

A

  • 児童手当は、窓口で申請し、認定を受けなければ手当の支給を受けられません。出生日の翌日から15日以内に申請すれば出生日の翌月から受給できます。ただし、これ以降に申請された場合は、申請日の翌月からの支給となりますので、ご注意ください。

Q津島市へ転入しましたが、児童手当の支給開始月及び申請はどうなりますか。(登録日:平成24年10月1日)

A

  • 児童手当は、窓口で申請し、認定を受けなければ手当の支給を受けられません。転出予定日の翌日から15日以内に申請すれば転出予定日の翌月から受給できます。ただし、これ以降に申請された場合は、申請日の翌月からの支給となりますので、ご注意ください。

Q児童手当の振込み先口座の変更方法について教えてください。(登録日:平成24年10月1日)

A

  • 印鑑(スタンプではない認印など)と受給者名義の新旧の普通預貯金通帳を持って、子育て支援課で手続きをしてください。お子さんなど受給者以外の名義には変更できません。

お問い合わせ

健康福祉部 子育て支援課
〒496-8686 愛知県津島市立込町2丁目21番地
電話番号:0567-24-1111

この担当課にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。
ページの先頭へ

津島市役所

〒496-8686 愛知県津島市立込町 2丁目21番地
電話:0567-24-1111(代表)

開庁日:月曜日から金曜日(祝休日・年末年始を除く)

開庁時間: 午前8時30分から午後5時15分まで

Copyright © Tsushima City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る