このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
つたえたい四季おりおりのまち 津島市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 福祉・医療
  • 市の紹介・観光
  • 市政・ビジネス
サイトメニューここまで

本文ここから

市長からのメッセージ(10月号)

最終更新日:2015年1月30日

日比一昭市長

芸術の秋、スポーツの秋が訪れました。市民の皆様におかれましては、お元気でお過ごしのことと思います。

芸術の秋にふさわしく、各地で情緒あふれる「観月会」が開催されました。舞踊、民謡、邦楽や三味線など日本の文化に触れたり、お寺での合唱とシャンソンコンサートを組み合わせたお月見を楽しんだりと、いろいろな素晴らしい企画に参加させていただきました。

また、敬老の日には、津島市老人クラブ連合会主催の「演芸大会」が開催されました。あでやかな衣装でさっそうと歌われる姿は、とても若々しく、「元気の秘訣」を拝見し、とても頼もしく感じました。

スポーツの秋としては、市内の小学校や中学校で運動会、体育祭が開催されました。特に小学校では、家族揃っての応援合戦や美味しそうなお弁当タイムなど、とても楽しい一日を過ごされているようで、嬉しくなりました。

そして、津島の秋は何と言っても「尾張津島秋まつり」です。秋まつりは、正徳元年(1711年)に津島神社の末社・市神社の祭礼として始まり、華麗な山車が町なかを巡行し、からくり人形の妙技を披露します。山車を回転させる勇壮な「車切」も必見です。秋の一日、江戸文化を満喫することができます。

尾張津島秋まつり

また、神守の山車は、美しい花飾りで彩りを添え、神守一里塚前に山車が3台勢揃いする時が、賑わいのピークです。さらに、太鼓・鉦を大音響で打ち鳴らす石採祭車や、美しく飾り付けた太鼓と付太鼓を載せ各町内を引きまわす神楽も素晴らしいものです。

たくさんの皆様が、この尾張津島秋まつり(10月4日(土曜)、5日(日曜)開催)にお出かけいただくことを心から願っています。

津島市は、市内の歴史的・文化的な地域資源を活かし、本町筋の修景、まちづくりの活動支援、空き家・空き店舗の活用、観光拠点施設の整備等の活性化施策を検討し、年間を通じて歴史や文化が体験できるゾーンづくりを進めてまいりたいと考えています。

また、津島市では、「つしま夢まちづくり提案事業」を募集しています。この事業は、津島市のために市民の皆様が考えた福祉、教育、まちづくり、文化、スポーツ、環境保全等で、公益性のあるまちづくりの活動を応援する制度です。様々な創意と工夫あふれる事業の提案をお待ちしています。

今後とも、市民の皆様の一層のご理解とご協力を賜りますよう、心からお願い申し上げます。ありがとうございました。

平成26年10月

津島市長 日比 一昭

お問い合わせ

市長公室 人事秘書課
〒496-8686 愛知県津島市立込町2丁目21番地
電話番号:0567-24-1111

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

市長からのメッセージ

施設案内

よくある質問

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

広告

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
ページの先頭へ

津島市役所

〒496-8686 愛知県津島市立込町 2丁目21番地
電話:0567-24-1111(代表)

開庁日:月曜日から金曜日(祝休日・年末年始を除く)
開庁時間: 午前8時30分から午後5時15分まで

Copyright © Tsushima City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る