このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
つたえたい四季おりおりのまち 津島市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 福祉・医療
  • 市の紹介・観光
  • 市政・ビジネス
サイトメニューここまで

本文ここから

尾張津島秋まつり 山車・石採祭車

最終更新日:2015年1月30日

山車

七切の山車(ななきり)

 市神社(津島神社の境外末社)の祭礼(旧暦8月15日)に曳いた山車。正徳元年(1711年)笹に提灯をつけ傘鉾を出したのが始まり。その後、享保3年(1718年)から山車に乗せて行われるようになり、享保11年には恒例行事となりました。


麩屋町車

向島の山車(むこうじま)

 津島神社の境内摂社である居森社の祭礼(旧暦8月1日)に曳いた山車。起源については、古い文献に記されていませんが、馬場町山車の場合、提灯箱や簾箱などに墨書き銘文があることから、18世紀末期から19世紀初期に建造されたと思われます。

今市場の山車(いまいちば)

 大土社(本来「土」の字の右上には点があります)の祭礼(旧暦8月2日)に曳いた山車。起源は明らかではありませんが、古い文献にも祭礼図が記載されており、天明元年(1781年)以前に既に存在していたことが明らかとなっています。

※七切、向島、今市場の3地区は、大正15年(1926年)10月に津島神社が国幣小社に昇格したのを記念して、昭和2年10月1日の祭礼から、3地区の山車が一緒に津島神社に奉納されるようになり、現在は10月の第一日曜日とその前日に「尾張津島秋まつり」として行われてます。

神守の山車(かもり)

 文化年間(1804~1818年)頃に始まったと伝えられ、憶感神社および穂歳神社を中心に、古くは大豊作の年や、特別な奉祝行事の年に限り、旧暦8月16日に奉納されていました。このため神守の山車まつりは不定期でしたが、昭和30年神守村と津島市との合併を機に、この貴重な文化遺産を後世に伝承し保存するために、尾張津島秋まつりの10月の第一日曜日に行われるようになりました。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。津島山車保存会公式ホームページ(外部サイト)

石採祭車

北部・南部・中部の3車は、大正4年から始まったと言われ、鉦・太鼓を打ちならして町を練ります。


唐臼町車

お問い合わせ

教育委員会 社会教育課
〒496-8686 愛知県津島市立込町2丁目21番地
電話番号:0567-24-1111

この担当課にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。
ページの先頭へ

津島市役所

〒496-8686 愛知県津島市立込町 2丁目21番地
電話:0567-24-1111(代表)

開庁日:月曜日から金曜日(祝休日・年末年始を除く)
開庁時間: 午前8時30分から午後5時15分まで

Copyright © Tsushima City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る