このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
つたえたい四季おりおりのまち 津島市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 福祉・医療
  • 市の紹介・観光
  • 市政・ビジネス
サイトメニューここまで

本文ここから

津島神社

最終更新日:2015年4月1日

津島神社の東鳥居と楼門の写真

建速須佐之男命と大穴牟遅命を御祭神とし、1450余年の歴史を誇る天王さまの総本社です。

 540年、欽明(きんめい)天皇元年の鎮座と伝えられ、1450余年もの歴史を誇る津島神社。御祭神は建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)。御相殿には建速須佐之男命の御子・大穴牟遅命(おおなむちのみこと)がお祀されています。古くは、除疫、授福の神である「牛頭天王社(ごずてんのうしゃ)」とも呼ばれ、京都の八坂神社と並ぶ天王社として崇められています。また、全国に3000以上も点在する津島神社の総本社でもあります。

 長い歴史の間には、織田・豊臣・徳川から格別の崇敬を受けたことがあります。社殿は、桧皮葺(ひわだぶき)の屋根で朱塗りの柱との対照が華麗で美しさを感じさせます。

 中でも「本殿」は、徳川家康の四男で清洲城主・松平忠吉の寄進。「楼門」は豊臣秀吉の寄進と伝えられています。いずれも国の重要文化財に指定されています。また、「南門」は、豊臣秀頼が寄進したもので、県の文化財に指定されています。

 由緒ある牛頭天王社の総本社として、古くから手厚く信仰されていた津島神社。江戸時代には、「津島参らにゃ片参り」と言われ、お伊勢参りの折りに、津島神社に参拝することがならわしとされていました。その信仰の厚さは今も変わることがなく、尾張近郊の人々はもちろん、東北、関東の人々からも「津島さん」「天王さん」などと呼ばれ、崇敬されています。そして「牛頭天王さん」のご利益を求めて、全国から多くの人々が「津島詣」に訪れます。

お問い合わせ

市長公室 シティプロモーション課広報・広聴グループ
〒496-8686 愛知県津島市立込町2丁目21番地
電話番号:0567-24-1111

この担当課にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。
ページの先頭へ

津島市役所

〒496-8686 愛知県津島市立込町 2丁目21番地
電話:0567-24-1111(代表)

開庁日:月曜日から金曜日(祝休日・年末年始を除く)
開庁時間: 午前8時30分から午後5時15分まで

Copyright © Tsushima City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る