このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
つたえたい四季おりおりのまち 津島市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 福祉・医療
  • 市の紹介・観光
  • 市政・ビジネス
サイトメニューここまで

本文ここから

「津島祭礼図屏風」高精細複製品

最終更新日:2018年8月31日

平成30年7月3日(火曜)、特定非営利活動法人京都文化協会とキヤノン株式会社の共同事業「綴プロジェクト(正式名称:文化財未来継承プロジェクト)」の第11期作品として、大英博物館が所蔵する「津島祭礼図屏風」が題材に取り上げられ、制作された高精細複製品が津島市と愛西市に寄贈されました。

大英博物館蔵「津島祭礼図屏風」とは

津島神社の祭礼として600年近い伝統を誇り、その盛大さから日本三大川祭の一つに数えられる尾張津島天王祭(おわりつしまてんのうまつり)。本作は金地を背景にこの祭礼のクライマックス、旧暦の6月14日の宵とその翌朝(現在は7月第4土曜とその翌日)に天王川で行われる船祭りの情景を描いた八曲一双屏風である。
右隻には天王川を無数の提灯で飾られた五艘のまきわら船が、天王橋たもとの御旅所へと向かう宵祭の場面、左隻では宵祭から姿を一変させ、屋形を組み、その上を能人形や龍で飾った祭船が漕ぎ進む、朝祭の様子が描かれる。
現在、この祭礼を描いた屏風絵は国内外で8点確認されているが、本作はその作風から最古の作例の一つとされる。川中の船だけでなく、両岸の賑わいの様子も丹念に描き込まれ、江戸時代前期の風俗画としても価値が高い。

「綴プロジェクト」とは

正式名称:文化財未来継承プロジェクト
オリジナル文化財の保存と高精細複製品の活用を目的として、特定非営利活動法人都文化協会とキヤノン株式会社が2007年から取り組んでいる社会貢献活動です。
キヤノンの入力、画像処理、出力に至る先進のデジタル技術と、京都伝統工芸の匠の技との融合により、国内外に所蔵される日本の貴重な文化財の高精細複製品を制作、それらを文化財原本の所蔵者や、海外に渡る以前にその文化財を所有していた寺社、博物館、あるいは文化財にゆかりのある地方自治体などに寄贈しています。

展示予定(随時更新)

8月30日木曜 中部国際空港 旅客ターミナルビル4階イベントプラザ(午前10時から午後4時まで)
9月3日月曜から9月13日木曜まで 津島市立図書館
9月15日土曜から9月24日月曜まで 愛西市中央図書館
※9月1日、2日の展示につきましては、諸事情により変更となりましたのでご了承ください。

お問い合わせ

教育委員会 社会教育課
〒496-8686 愛知県津島市立込町2丁目21番地
電話番号:0567-24-1111

この担当課にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。
ページの先頭へ

津島市役所

〒496-8686 愛知県津島市立込町 2丁目21番地
電話:0567-24-1111(代表)

開庁日:月曜日から金曜日(祝休日・年末年始を除く)
開庁時間: 午前8時30分から午後5時15分まで

Copyright © Tsushima City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る