このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
つたえたい四季おりおりのまち 津島市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 福祉・医療
  • 市の紹介・観光
  • 市政・ビジネス
サイトメニューここまで

本文ここから

野焼きの禁止

最終更新日:2015年1月30日

野焼きによって大量の煙やにおいが発生するため、「煙たくて窓を開けられない」、「洗濯物ににおいが付いてしまう」、「気分が悪くなる」などの苦情が多く寄せられます。燃やすものによっては、ダイオキシンなど有害な物質も排出されることがあり、野焼きは、原則として、禁止されています。

なお、地域によっては、禁止の例外行為として、田での野焼きが集中して行われる時期があります。やむを得ず野焼きを行う方は、周辺の生活環境に配慮していただくとともに、近隣住民の方にあっては、ご理解くださるようお願いします。

野焼きは禁止されています

野焼きの禁止

構造基準に適合した焼却炉を使用しないで屋外で廃棄物を焼却する「野焼き」は、廃棄物の処理及び清掃に関する法律第16条の2の規定により、一部の例外を除き、原則として禁止されています。

野焼き禁止の例外事例

次に掲げる行為は、公益上若しくは社会の慣習上やむを得ないもの又は周辺の生活環境に与える影響が軽微であるものとして、例外的に野焼きによることが認められたものです。

国又は地方公共団体がその施設の管理を行うために必要な廃棄物の焼却

  • 河川管理者が行う河川管理のために伐採した草木等の焼却
  • 海岸管理者が行う海岸管理のための漂着物等の焼却

震災、風水害、火災、凍霜害その他の災害の予防、応急対策又は復旧のために必要な廃棄物の焼却

  • 凍霜害防止のための稲わらの焼却(生活環境の保全上著しい支障を生ずる廃タイヤの焼却を除く。)
  • 災害時における木くず等の焼却、道路維持のために選定した枝条等の焼却

風俗慣習上又は宗教上の行事を行うために必要な廃棄物の焼却

  • どんと焼き等の地域の行事における不要となった門松、しめ縄等の焼却

農業、林業又は漁業を営むためにやむを得ないものとして行われる廃棄物の焼却

  • 農業者が行う稲わら等の焼却、籾殻燻炭に係る行為等
  • 林業者が行う伐採した枝条等の焼却
  • 漁業者が行う魚網に付着した海産物の焼却等
    ※生活環境の保全上著しい支障を生ずる廃ビニールの焼却を除く。

たき火その他日常生活を営む上で通常行われる廃棄物の焼却であって軽微なもの

  • たき火、キャンプファイヤー等を行う際の木くず等の焼却等

野焼きを行う際の注意事項

例外として認められてた野焼きを行うときは、次の事項に留意してください。

  • 野焼きによって発生する大量の煙や焼却灰の発生、においの拡散等による周辺の住民の生活環境への影響(健康被害、煙害等)が少なくなるよう、風向き等の気象条件、実施時間、焼却量等を考慮すること。
  • プラスチック類、ビニール類、家庭ごみ等の廃棄物を混合しないこと。
  • 火や煙の状況を常に確認し、確実に火元の管理をすること。

周辺の生活環境に影響がある場合には、野焼きの中止、野焼き以外の方法への変更等を指導することがあります。

燃やさずに廃棄物を処分する方法

  • 家庭ごみとして分別排出するか、事業系ごみとして収集運搬業者に収集を依頼してください。
  • 廃棄物が多量となる場合は、八穂クリーンセンター(弥富市)に持ち込み、処分を依頼することができます。市清掃事務所(電話:0567-26-4228)にお問合せください(有料:10キログラム当たり200円)。

野焼き行為者への指導

野焼きを行っている者には、即時の消火と野焼き禁止の指導を行います。
悪質な行為であると認めた場合は、警察への通報を併せて行います。

罰則 (廃棄物の処理及び清掃に関する法律)

法律に基づき、5年以下の懲役若しくは1,000万円以下の罰金又はこれらを併科されることがあります。

担当:生活環境課
 電話:0567-24-1111
 

本文ここまで


以下フッターです。
ページの先頭へ

津島市役所

〒496-8686 愛知県津島市立込町 2丁目21番地
電話:0567-24-1111(代表)

開庁日:月曜日から金曜日(祝休日・年末年始を除く)
開庁時間: 午前8時30分から午後5時15分まで

Copyright © Tsushima City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る