このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
つたえたい四季おりおりのまち 津島市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 福祉・医療
  • 市の紹介・観光
  • 市政・ビジネス
サイトメニューここまで

本文ここから

住宅用火災警報器補助金制度

最終更新日:2022年6月24日

【目的】
住宅火災では「逃げ遅れ」が原因で死亡するケースが多く、死者の約7割が65歳以上の高齢者となっています。
高齢者の逃げ遅れを防ぐために住宅用火災警報器設置推進に向け、設置に対して購入費の一部を補助することで設置率向上と、死亡率の低下を図ります。
 

【受付期間】
7月1日から令和6年3月31日まで
注記:予算がなくなり次第終了します。
 

【対象者】
・市内に住所を有し、本市において「ひとり暮らし老人」登録を受けている方。
・「ひとり暮らし老人」に登録していない方は市役所高齢介護課で登録してください。
・補助は対象者1人につき1回限りで、購入から3か月又は令和6年3月31日までに申請したもの。
・住宅用火災警報器を設置した住宅が借家である場合は、その施設の所有者の承諾を得ていること。
・当該年度の7月1日以降に購入したものであること。
 

【設置場所】
・寝室と2階に寝室がある場合などは、階段の踊り場の天井または壁にも必要となります。
 

【補助金】
1個につき住宅用火災警報器購入費用の2分の1に相当する額(その額に100円未満の端数がある場合は、その端数を切り捨てた額)で上限は3,000円
注記:寝室が2階にある場合は階段と寝室に必要のため2個補助金申請可
(3階建て住宅にお住いの方は条件により設置個数が変わりますので消防本部・予防課までお問い合わせください。)
 

【販売店】
家電量販店やホームセンターなどで購入できます。
 

【提出書類】
(1)住宅用火災警報器の購入支払い手続きが完了していることを確認できる領収書等が必要です。
 次の内容が記載された領収書の発行を販売店にお願いして下さい。
 ・領収日
 ・領収金額、個数
 ・販売店名
 ・購入品(住警器代)等、購入したものがわかる記載
 ・購入者の氏名(自書)
(2)津島市住宅用火災警報器設置事業補助金交付申請書兼請求書(下記からダウンロード可)
(3)振込口座の金融機関と口座番号が分かるもの(通帳の写し)
 

【申請から補助金受け取りまでの流れ】
(1)住宅用火災警報器を購入
(2)提出書類3点を用意し消防本部・予防課へ申請
(3)市から津島市住宅用火災警報器設置事業補助金交付決定通知書が届きます。
(4)補助金振込(口座に入るまで1か月程度かかります)
 

お問い合わせ

消防本部 予防課
〒496-0031 愛知県津島市埋田町2丁目70番地の1
電話番号:0567-23-0419(直通)
ファックス:0567-28-3341

この担当課にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。
ページの先頭へ

津島市役所

〒496-8686 愛知県津島市立込町 2丁目21番地  電話:0567-24-1111(代表)
【新型コロナワクチンの接種について】電話:0567-22-2115 新型コロナワクチンコールセンター(保健センター内)津島市上之町1丁目60番地

開庁日:月曜日から金曜日(祝休日・年末年始を除く)

開庁時間: 午前8時30分から午後5時15分まで

Copyright © Tsushima City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る