このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
つたえたい四季おりおりのまち 津島市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 福祉・医療
  • 市の紹介・観光
  • 市政・ビジネス
サイトメニューここまで

本文ここから

高齢者インフルエンザ予防接種について

最終更新日:2017年12月1日

高齢者インフルエンザ

接種実施期間

平成29年10月16日(月曜)から平成30年1月31日(水曜)まで
ワクチンの生産量が例年より少なく不足しているため、平成29年度は接種期間を延長します。

接種にかかる費用

1,000円(医療機関窓口にてお支払いください。)
※生活保護受給世帯の方は接種費用が免除されますので、保健センターへ申請をしてください。

対象者

・接種日時点で満65歳以上の方
・接種日時点で満60歳以上65歳未満の方で、心臓、腎臓若しくは呼吸器の機能又はヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障害を有する者(身体障害者1級程度)として厚生労働省令で定めるものとする。

指定医療機関

津島市、愛西市、あま市、弥富市、大治町、蟹江町、飛島村の指定医療機関

指定医療機関以外での接種を希望される方及び各自治体担当者様へ

平成26年度まで

津島市では平成26年度まで依頼書にて他の都道府県及び海部津島地区以外の市町村と連携をし、高齢者予防接種事業を実施しておりました。

平成27年度

依頼書の制度を廃止し、償還払い制度へ移行しました。
詳細は、このページにある償還払い制度についてをご覧ください。

平成28年度から

償還払い制度は継続していますが、高齢者の予防接種が愛知県内で広域化されました。
詳細は高齢者予防接種事業の県内広域化についてをご覧ください。

これまでの制度変遷について

償還払い制度

償還払い制度について

愛知県内外を問わず津島市以外の病院に入院もしくは、施設に入所されている方については、償還払い制度を実施しています。原則としては広域の予防接種事業にて接種をしていただきますが、広域予防接種に該当しない方は償還払いでの対応となりますので下記の文章をお読みください。

償還払い制度とは

被接種者が接種費用の全額を接種医療機関にいったん支払い、その後申請を行うと市から接種費用の一部を償還(払い戻し)を受けるという制度です。実質津島市の定期接種と同じ自己負担額で接種ができるものになります。

償還払い申請書

領収書の記入例

予防接種県内広域化について

広域予防接種について

詳細は高齢者予防接種事業の県内広域化についてをご覧ください

注意事項

(1)事前に予約が必要です
(2)接種を希望する医療機関へ予約してください。
(3)広報10月号と同時配付した『高齢者インフルエンザ予防接種を受ける前に』を必ずお読みください。
(4)予防接種を受けるにあたり、本人の意思確認と予診票への署名が必要になります。
(5)予診票が津島市に提出されることに同意できない方は、公費による接種を受けることができません。
(6)津島市外にある医療機関等に入院または入所中で接種を希望される方は、津島市健康福祉部健康推進課までお問い合わせください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

健康福祉部 健康推進課
〒496-0863 愛知県津島市上之町1丁目60番地
電話番号:0567-23-1551

この担当課にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。
ページの先頭へ

津島市役所

〒496-8686 愛知県津島市立込町 2丁目21番地
電話:0567-24-1111(代表)

開庁日:月曜日から金曜日(祝休日・年末年始を除く)
開庁時間: 午前8時30分から午後5時15分まで

Copyright © Tsushima City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る