このページの先頭です

サイトメニューここまで

ページID:392363488

高齢者肺炎球菌任意予防接種について

最終更新日:2023年9月28日

高齢者肺炎球菌予防接種の概要

肺炎球菌による肺炎

肺炎球菌による肺炎は、成人肺炎の約25%から40%を占め、特に高齢者での重篤化が問題になっています。

接種ワクチン

23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン

ワクチンの説明

90種類以上ある肺炎球菌の血清型のうち、肺炎を起こす頻度の高い23種類の肺炎球菌を別々に培養し、殺菌後に混合したワクチンを接種します。

任意接種について

実施期間

令和5年4月1から令和6年3月31日

対象者

66歳以上の津島市民で定期予防接種の対象ではない方
過去に肺炎球菌ワクチンを接種したことがある方は接種の対象からは外れます。
接種費用を全額自己負担した方も接種の対象からは外れますのでご注意ください。

接種希望者

接種を希望する方は、保健センターへ申請してください。
接種券を発行します。

接種に係る費用について

自己負担金2,000円(医療機関窓口でお支払いください)
生活保護受給世帯の方は、接種費用が免除されますので、事前に保健センターへ申請してください。

接種できる医療機関

津島市の指定医療機関

健康被害の救済措置

独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)が実施する医薬品副作用被害救済制度があります。(独立行政法人医薬品医療機器総合機構法に基づきます。)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader

お問い合わせ

健康福祉部 健康推進課
〒496-0863 愛知県津島市上之町1丁目60番地
電話番号:0567-23-1551

この担当課にメールを送る

本文ここまで

広告


以下フッターです。