このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
つたえたい四季おりおりのまち 津島市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 福祉・医療
  • 市の紹介・観光
  • 市政・ビジネス
サイトメニューここまで

本文ここから

ヘルプマークの配布が平成30年7月20日(金曜)から始まりました

最終更新日:2018年7月20日

 愛知県では、平成27年12月制定の「愛知県障害者差別解消推進条例に基づき、障がいのある方が生活を送る上でのハード・ソフト面でのバリアフリー化に向けた環境整備を進めています。
 その取組の一環として、県内一斉に、平成30年7月20日(金曜)から「ヘルプマーク」の配布が始まりました。

ヘルプマークとは

 義足や人工関節を使用している方、内部障がいや難病の方、妊娠初期の方など、援助や配慮を必要としていることが外見からはわかりにくい方々が、周囲に配慮を必要としていることを知らせることで、援助を得やすくなるよう、東京都が平成24年10月に作成したマークです。 
 
 ヘルプマークにはストラップがついており、カバンなどにつけることができます。また、付属物のシールに必要な支援などの伝えたい情報を記入し、マークの片面に貼りつけることができます。

配布方法

配布開始日

平成30年7月20日(金曜)

配布場所

市役所1階 福祉課
(郵送による配布は行いません。)

配布条件など

  • 援助や配慮を必要とする方であれば、ご希望の方どなたにでも無償で配布します。(障がい種別、等級、疾病、障害者手帳の有無等は問いません。)
  • 援助や配慮を必要とする方ご本人及びその代理人(家族や相談支援事業者など)からの口頭での申出による配布のため、障害者手帳や身分証明書の提示は不要です。
  • 配布は、一人一個までです。配布を受けた後は、なくさないようご注意ください。

 

ヘルプマークを身に着けた方への配慮について

 ヘルプマークを身に着けた方を見かけた場合は、電車やバスで座席を譲ったり、困っているようであれば進んで声をかけるなど、「思いやりのある行動」をしていただくようお願いします。
 
 

ヘルプマーク普及パートナーシップ制度について

 愛知県では、全県的なヘルプマークの普及啓発を図るため、「ヘルプマーク普及パートナーシップ制度」を創設し、平成30年6月4日(月曜)から、ヘルプマークの普及啓発にご協力いただける民間事業者を募集しています。
 
 詳細については、外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。愛知県ウェブサイト(ヘルプマーク普及パートナーシップ制度について)(外部サイト)をご覧ください。

お問い合わせ

健康福祉部 福祉課
〒496-8686 愛知県津島市立込町2丁目21番地
電話番号:0567-24-1111

この担当課にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。
ページの先頭へ

津島市役所

〒496-8686 愛知県津島市立込町 2丁目21番地
電話:0567-24-1111(代表)

開庁日:月曜日から金曜日(祝休日・年末年始を除く)
開庁時間: 午前8時30分から午後5時15分まで

Copyright © Tsushima City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る